女性は誰しも綺麗になりたいと思うことでしょう。綺麗に見える為に要点はいくつもありますが、表情が綺麗に見えると全体的な印象も変わります。つまり、まつ毛が伸びたりシミが消えたりすると誰もが想像する綺麗というものに一気に近づくことが出来ます。こちらではそんな女性の望みを叶える情報を更新していきます!

笑顔の女性
  • ホーム
  • 美人になれる漢方ってある?

美人になれる漢方ってある?

美肌や美白の効果を得るため有効成分が含まれたスキンケア化粧品やサプリメントを利用してもなかなか良い結果に繋がらない場合、せっかくの美肌・美白成分が上手く活かせない体質ということも考えられます。
特に普段から代謝があまり良くないことを実感していて、便秘気味でむくみに悩んでいる場合は肌のターンオーバーも上手く行っていないため、サプリなどで内側からの美肌力アップを目指しても肝心の成分を自分の肌が活かし切れないことにもなりかねません。

お腹がゆるく便秘ではないという人も、胃腸が弱い上疲れやすく生理不順などもあり特に手足の先が冷たくなってしまう冷え性の場合、全身の血液やリンパ液の流れが滞っている、漢方で言うところの「お血」という体質です。
お血の人は全身のめぐりの悪さがホルモンバランスや自律神経を乱しやすいため身体に取り入れた栄養素など美容や健康の維持に必要な成分を上手く活かせないばかりか、老廃物をスムーズに排出できないため肌に良くないものが溜まることになります。

お血体質で生理不順などがあり常にだるさを感じている人の肌悩みで少なくないのが、口の周りの肌荒れです。
特にアゴにできる腫れは化膿しやすいため目立ちやすく薬を塗っていったん良くなってもまた近くに発生するため厄介です。
その原因こそが顔の下方にあるアゴに溜まりやすい老廃物で、たとえ遠回りでもまず冷え性体質を改善させて全身のめぐりを良くし、代謝を高めておく必要があります。
それが実現してこそ理想的な肌のターンオーバーが実現し美肌づくりにも弾みがつきます。

冷え性を治すにはケイヒやシャクヤクなどの生薬が含まれた漢方薬が適していますが、体質によって合う薬がそれぞれ違うため漢方医や薬剤師に体質を見極めてもらってから処方を受けるほうが効果を得やすくなります。
代謝を高めた上で美白に良いクコやハトムギ、リコリスとも呼ばれる甘草などが配合された漢方薬で美肌サポートに長けた成分を効率良く取り入れることによって、美肌・美白を誇る美人に近づけます。

食生活で肌を綺麗にしよう

美人になるためにまずダイエットを考える人も少なくありませんが、顔痩せを目指し美肌づくりも両立させたい場合、痩せることだけを目的にしたダイエットでは逆効果になるケースもあります。
特に冷え性の人は、ダイエット目的の食事によって全身のめぐりを良くするために必要な栄養素が獲得できなくなるばかりか、メニューによってはさらに身体を冷やしてさらに代謝が低下することにもなりかねません。
冷えはむくみの原因にもなって小顔実現も遠のいてしまいます。

代謝が悪く肌のターンオーバーが上手く行かない状態では美肌や美白スキンケア化粧品の有効成分が活かせず、溜まった老廃物のせいで肌トラブルが起こりやすくなります。
冷えによるめぐりの悪さはホルモンバランスや自律神経も乱し睡眠の質も低下して顔色が悪く、むくみがちになるため外からのスキンケアでは対処しきれません。
美白に良いハトムギやクコなどの内側からの効能も活かしにくくなるため、食生活を改善して冷えにくく代謝の良い身体づくりを目指す必要があります。

野菜中心の食事によるダイエットをしている人が陥りやすいのが夏野菜多めのサラダを摂ってしまうことです。
肌に良いビタミン類などを摂取しようと加熱しないサラダのほうが良いといった印象もありますが、冷え性の場合は生野菜で身体を冷やしてしまうため逆効果になります。
特に夏野菜は暑い時期に身体を冷やす作用を持つ種類が多いため季節を問わず冷たいサラダを摂ると冷えを強めてしまいます。
野菜を摂る時は出来るだけ根菜類を温かい料理にして摂ることが体質改善に役立ちます。

冷え性に良いと言われる漢方薬を続ける上でも食生活の改善は大切で、真面目に薬を飲んでいても冷えやすいメニュー中心の食事では効果があらわれにくくなってしまいます。
代謝が高まるからとトウガラシを摂るケースもありますが体質によっては良くない影響が出ることもあり、漢方による体質改善を目指す場合は、自分の体質を見極めた上で摂るべき食材と避けるべき食材を知ることが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧