女性は誰しも綺麗になりたいと思うことでしょう。綺麗に見える為に要点はいくつもありますが、表情が綺麗に見えると全体的な印象も変わります。つまり、まつ毛が伸びたりシミが消えたりすると誰もが想像する綺麗というものに一気に近づくことが出来ます。こちらではそんな女性の望みを叶える情報を更新していきます!

笑顔の女性
  • ホーム
  • シミの治し方を勉強しよう

シミの治し方を勉強しよう

女性の目元

顔や手など素肌が見える部分にできるシミは、気分を滅入らせてしまいます。
そこで、シミの気になる20代から30代の若い女性はいろいろな治し方を試してみたりしているようです。
特に顔にできたシミは目立ちやすく、コンプレックスにもなりかねません。
顔にできたシミを消す方法を知りたがっている女性は少なくありません。
原因によって治し方が異なったりするため、諦めてファンデーションやコンシーラーを厚く塗って隠している人がかなりいるようです。
しかし、20代から30代女性のファンデーションなどの厚塗りは、肌そのものを汚く見せてしまうため、あまり効果的な方法とは言えません。
そこで、本気でシミをなくしたいという若い人は、やはり消すという方法を追求していくようです。
そもそも若い人のシミの多くは、色素であるメラニンが紫外線を浴びすぎてできるものです。

実は、メラニンは紫外線から肌がダメージを受けるのを防ごうとしているのですが、美容に固執する若い女性は、せっかく肌を守ってくれているメラニンのことを元凶のように扱い、美容の敵といった見方をしているのです。
本来なら、肌にダメージを与える紫外線からの攻撃を守る方法を見つけるというのが本筋と言えます。
ただ、すでにできてしまったシミについては、うまく消す方法を見つけるしかありません。
一般的に、シミの消し方については、自分で密かに消す方法と専門家の手で消す方法の二通りが考えられます。
自分で消す方法の代表的なものは、化粧品の中でもシミを消す成分が配合されているものを探して使用するというものです。
化粧品はシミを消すためのものではないため、できにくくする程度のものしかないのですが、ほんの一部だけシミを消す成分が認められる化粧品があるのです。

そして、化粧品によって消す方法には後遺症が少ないという大きなメリットもあります。
その成分の一つには、シミの色素を漂白して目立たなくするものです。
この成分は、従来は医者の処方でしか出されなかったのですが、最近になって、市販の化粧品にも配合されることが許可されました。
もちろん目立った後遺症もないものです。
ほかに、シミを消し効果として、肌にわざと炎症を起こさせ、それを回復するためのターンオーバー作用を利用するというものもあります。
日本の薬事法で認められていないような成分が配合されている化粧品もあり、これを手に入れるには、海外から個人輸入するという方法が用いられます。

シミをレーザーで取る時の費用

シミを専門家の手によって消す方法には、レーザー治療を受けるという方法があります。
レーザー治療による方法は、レーザー光線をシミの部分に照射することで、色素であるメラニンが活性化するのを妨げて薄くするというものです。
レーザー光線を当てての治療は、自分で化粧品などを使って消す方法より費用はかかりますが、経験豊富な専門家によっての治療となるので、より確実な方法と言えます。
ただし、一瞬ながら痛みを伴います。

レーザーによる治療は、即効性の高い治療です。
すなわち、すぐに治療の結果が実感できる治療であるということです。
実際に治療を受けた人は、治療の結果がすぐに分かるので、痛いということは気にならなかったと言っています。
ほかのレーザー治療方法には、ヤグレーザーという黒い色素に反応する光線で組織を破壊する方法があります。

また、ルビーレーザーという赤い色を吸収するというメラニンの特性を利用した光線で消すという治療もあります。
こちらは、シミに特化して効果があり、痛いという感覚は少なく、肌を傷めることもないため後遺症はないと考えていいものです。
気になるこれらの治療の費用ですが、一般的にはレーザーを当てる回数で決まってきます。
シミが大きいとレーザーを当てる回数が多くなります。

また、シミの種類や濃さなどでも治療費が大きく異なってくるため、治療の前に治療内容をよく確認しておかなければなりません。
また、保険に関しては適用されないケースが多く、自費治療と思っておいたほうがいいでしょう。
レーザーの種類でもシミ一つで1回3000円から1万円と幅広く、数万円かかるものもあったりして、ほぼ効果の高さに比例しているようです。
治療回数は平均1回から5回ほどが多いようですが、やはりシミの種類や濃さなどで変わってきます。
ただ、シミは放置しておくと広がっていく可能性が高いので、たとえ費用がかかっても、小さいうちに早めに効果の高い治療を受けたほうがいいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ